生地デザイン

ブログ

昨年はオリジナルデザインの生地作成に挑戦してみました

イラレ、透過、ベジ曲線????
全く分からず、やっとできあがっても
線が入っていて生地として承認されなかったり
学ぶことがたくさんありました


洋裁は趣味程度ですが
Mパターン研究所が今ほど浸透するまえに
何度もメールで問い合わせをして
自分にぴったりのテーラードジャケットや
シャツの型紙を購入しました

型紙にしてはお値段も高かったのですが
今ある、雑誌やネットの型紙と違いすぎました

素人の私が仕上げた、ジャケットやシャツは
もちろん身体にフィットするし
シルエットも美しい

ジャケットを作ったことで、購入する際の
見極めのポイントもつかむことができました


パターン生地はやればやれるほど
その奥深さに魅了されます

生地なので仕上がりが、衣服なのか寝具なのか
着用する人が子供か、肌の色は?

今は既製品の安いし
そのアパレル業界、ファッションの世界ですら
厳しい時代

でも、きっとファッションを楽しむ時代が
くると思います

歴史をさかのぼれば人々は貧しさから
戦争に勝つことで、気を紛らわし
ふと周囲を見ると、年寄りばかり

国にとって、人類にとって大事な命
若い人が戦争でなくなり
男たちは生活環境を整え、人生の質をあげた

その中で娯楽としてファッション、音楽に
喜びを見出し、生きる喜びを表現する者
感じる者がいた

質素な暮らしの中で
何に喜びを感じるか

喜びを感じれることが
生きているということなのだと